食事は自分のテーブルでいただきます、というこだわりを持った犬

わんこもの
スポンサーリンク

こんにちは。飼い主♀です。

今日は、維桜さんの食事風景をご覧いただきたいと思います。

では、さっそく準備してまいりましょう~!

まずは、維桜さんのお皿をはかりに乗せて・・・、と。

「飼い主がズルしないか、しっかり見届けます」

失礼ねぇ~、そんなことしません!

「よし、今日は”あの手”でいくわ!」

・・・ん、”あの手”?

「ねぇねぇ最近、ほうれい線が目立たなくなったんじゃない? ・・・だから10g増やして」

ほ~、”あの手”って、そういうことねー。

無理ッ!

「ちっ、夜は”その手”でいってやるんだから!」

フッ、”その手”もダメなら”この手”でいこう、なんて考えてるでしょ、維桜さん?

「・・・え、ヤダ、あーた、もしかして『チェリまほ』?」

皆様、ここでひとつ、驚いてやってください。

実は、維桜さん、秤の上にお皿が乗っている状態だと、ご飯を食べないんです。

「食事はちゃんとテーブルで食べないとねー」

教えたわけではないのですが、維桜さん流のこだわりでしょうか・・・?

では、お野菜とお肉を煮込んだものをトッピングして・・・

「はぁ~・・・。野菜<肉、になる日は来るのかしらねぇ・・・」

これこれ、文句を言うでないw

はい、じゃあ維桜さん、座って座って~。

「あーた気づいてないけどね、あたくし今日は最初からずーっと座ってますの、ずーっと」

・・・あら、ホントだw ごめんあそばせ~。

「ちょっとー、まだぁ!?」

あ、ごめんごめん!

維桜さん、どうぞ~。

「・・・ったく、美味しいじゃないの」

・・・と、自分のテーブルで食事を楽しむ維桜さんでした。

 

秤を壊したと思った維桜さんが、必殺奥義の「ごめん寝」を披露する、という記事を以前に書きました。

壊したと思ってごめん寝で反省するシェパード
こんにちは。飼い主♀です。 昨日、キッチンに立っていると、冷蔵庫の向こうから何やら大きな音が! 一体何ごと!? 近寄ってみると・・・ 「ご機嫌よう、お日柄も良く・・・」 あら、維桜さん・・・(丁寧な言葉遣いの時...

そう言えば、この時以降、秤に近寄らなくなったような・・・?

一度は壊してしまったと思った維桜さん、秤に良い思い出はないようです。

「うちの飼い主は根に持つタイプですから・・・」

・・・根に持たないわよw

でも、維桜さんの意外な弱点(?)こだわり(?)を発見した飼い主♀でしたw

 

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

また明日もお会いできますように~♪

 

↓良ければ、お帰りの際にポチっとお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

#ジャーマンシェパード

#お家時間

#犬のご飯

#ごめん寝

 


コメントをいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました